読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

node v6 LTSリリース

node v6.9.0が新しいLTSライン(Boron)としてリリースされた。

Node v6.9.0 (LTS) | Node.js

v4系列からアップグレードするにあたって、大きな変更点は

  • ECMAScript機能の追加
  • Bufferコンストラクタの非推奨化
  • npm v3

その他はリンク先を参照。

新しいECMAScript機能

node v6系では import を除くECMAScript 2015 の仕様がほぼ網羅されている。さらにES2016のArray#includesも使用できる。

The spread operator for arrays and function calls(スプレッド演算子

const arr = [1, 2, 3];

function hoge(a,b,c) {
  return a + b + c;
}

hoge(...a);   // => 6

const arr2 = [...a, 4, 5];  // => [1, 2, 3, 4, 5]

Rest parameters(可変長引数)

function hoge(a, ...b) {
   return b.reduce((s, i) => s + i, a);
}

hoge(1, 2, 3, 4, 5);   // => 15

Default function parameters(デフォルト引数)

function hoge(a = 1, b = 2, c = 3) {
   return a + b + c;
} 

hoge(0)  // => 5
hoge(0, 0)  // => 3
hoge(0, 0, 0)   // => 0

Destructuring(分割代入)

const arr = [1, 2, 3, 4, 5];

const [a, b, ...rest] = arr;         // a => 1, b => 2, rest => [3, 4, 5]

const [c, d, e, f = 6] = rest;     // c => 3, d => 4, e => 5, f = 6
const obj = {a: 1, b: 2};

const {a, b} = obj;         // a => 1, y => 2

const {a: x, b: y} = obj;  // x => 1, y => 2

const {a: p, b: q, c: r = 3} = obj;  // p => 1, q => 2,  r => 3

プロキシ(とリフレクション)

const obj = {a: 1, b: 2, f: function() { return this.a + this.b }};

const p = new Proxy(obj, {
    get(target, property, receiver) {
        console.log('access property: ' + property);
        return target[property];
    }
});

console.log(p.f());
class Hoge {
    constructor(a) {
        this.a = a;
    }
}

const hoge = Reflect.construct(Hoge, [1]);
console.log(hoge instanceof Hoge);
console.log(hoge.a);

Array#includes

const arr = [1, 2, 3];

if (arr.includes(1)) {
   console.log('配列に1が含まれている');
}

Bufferコンストラクタが非推奨に

v6系では、セキュリティ上の理由からnew Buffer()が非推奨になっている。代わりに今後は Buffer.allocとBuffer.from を使えとのこと。