読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クロージャとbindの引数束縛パフォーマンス

JavaScript node.js

JavaScriptで引数を束縛したい場合、クロージャかbindを使うのだが…

function plus(x, y) {
    return x + y;
}

function multiply(x, y) {
    return x * y;
}

// Function.prototype.bindで束縛
const plus1 = plus.bind(null, 1);

plus1(5);    // => 6


// closureで束縛
function closure(func, param) {
    return function(index) {
        return func(param, index);
    };
}

const twice = closure(multiply, 2);

twice(5);    // => 10

なんとなく、どちらが速いのか気になったので比べてみた。

console.time('bind');
for (let i = 0; i < 100000; i++) {
    const plusX = plus.bind(null, i);
    const multiplyX = multiply.bind(null, i);

    for (let j = 0; j < 10; j++) {
        plusX(j) + multiplyX(j);
    }
}
console.timeEnd('bind');


console.time('closure');
for (let i = 0; i < 100000; i++) {
    const plusX = closure(plus, i);
    const multiplyX = closure(multiply, i);

    for (let j = 0; j < 10; j++) {
        plusX(j) + multiplyX(j);
    }
}
console.timeEnd('closure');

結果

$ nvm use v6
Now using node versions/node/v6.2.1

$ node speed.js
bind: 106.394ms
closure: 33.421ms

node v6.2.1ではクロージャを使うほうが3倍ほど高速らしい。

node ver.4でも測定

$ nvm use v4
Now using node versions/node/v4.4.5

$ node speed.js
bind: 949ms
closure: 33ms

node ver.4では30倍程度の差がついた。というよりも、ver.4とver.6でFunction.prototype.bindが10倍も高速になっている。

node v4.4.5にはV8 v4.5、node v6.2.1にはV8 v5.0が搭載されている。メジャーバージョンアップで大きな最適化が施されていることがわかる。さすがGoogleである。未だJSエンジンの進化は止まらず。

なおこのコードをFirefoxChromeの最新版で比較してみると…

Chrome 51.0.2704.79

bind: 127.187ms
closure: 34.819ms

Firefox 47.0

bind: タイマー開始
bind: 36.4ms
closure: タイマー開始
closure: 6.85ms

Firefox圧勝!