読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コミットに上司の判子が必要な会社

今年度は申請書(EXCELシート)書いて上司の判子もらわないと svn commit すらできない職場で仕事することになりました。 - SiroKuro Page

ひどい。ネタだと信じたい。

システムを理解している現場の担当者がオペレータを兼任して、その責任でコミットするというならまだ分かる。しかし、判子を押す上司はコードの妥当性も正当性も判断できない。一体、何を承認しているんだろう、何のために存在してるんだろう。と思うけど、そういう疑問を持ってはいけない組織なんだろうな。コメントにこうあるけど

究極の中央集約型管理形態なので、分散SCMとは相性がわるいのかなーと。 なにより、これの言い出しっぺが無名の会社じゃないということが一番たちが悪いのかなと思ってます。これが日本の SIer の現実かな、と。

その会社の偉い人たちは、これが管理ゴッコだって気づいてないんだろうね。

無能な働き者。これは処刑するしかない。 理由は働き者ではあるが、無能であるために間違いに気づかず進んで実行していこうとし、さらなる間違いを引き起こすため。

追記

元記事のブクマコメントが壮絶すぎて泣けた。「普通」「よくある話」だって? そうだった、SIerのスーツ族はエクセルを方眼紙として使うぐらい平然と間違った方法で道具を使う連中だってことを忘れてたよ

git-svnで自分だけでも管理するというのは良いアイディアだと思うけど、こういう官僚主義的な会社ではインストールさせてもらえないだろうなあ…